パインコーンネックレス

松ぼっくり パイン コーン アンティーク ネックレス ジュエリー アクセサリー  a001

アールデコ期に製作されたシルバー製ネックレスです。このネックレスの特徴は何といっても五つの小さなパインコーン(松ぼっくり)でしょう。棒状のシルバーといぶし銀に仕上げたシルバーを捻じったあとに球状に巻いて松ぼっくりを模るアイデアがユニークですし、黒とシルバー色のコントラストがとても可愛いと思います。また、その松ぼっくりの間を結ぶ穏やかな流線型をした棒状のチェーンも繊細なフォルムをしていて全体のイメージを引き立てています。

松ぼっくり パイン コーン アンティーク ネックレス ジュエリー アクセサリー  a002

ネックレスの上部に使用されているチェーンも珍しいですね。上写真の左側が正面から見たもので右側が横から見た状態です。正面から見るとSの字が連なったような優しいフォルムをして、側面からみると編み合わせているようなデザインが良く判ります。とても手の込んだ良い作品です。次に詳細です。

松ぼっくり パイン コーン アンティーク ネックレス ジュエリー アクセサリー  a003
品 番 10208 品 名 パインコーンネックレス 価 格 \19,500 
国 / 年 フランス / 1920-35年 素 材 シルバー サイズ 長さ 44.5cm
状 態 ★★★★☆ (ディションの表示について)   目立つ瑕や欠け・汚れなどもなく、よいコンディションです。