☆ 世界一大きな真珠
 
 

1934年にフィリピン南西部にあるパラワン島でエテムさんというスキンダイバーによって発見された長さ22.86cm、重さ6.35kgの世界一大き な真珠に「アラーの真珠」という名前が付けられました。さて、ここで問題です。この「アラーの真珠」という名前の由来は何でしょう。


(・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? (・・? \(^o^)/


答えは こちらをクリック してください。